・「字の形を整える」「マスの中に収めて書く」ことが苦手な子に
・はみ出さないように書く練習に馴染めない子に
・ただただ器用に書く練習が嫌になってしまった子に
・手先の器用さ、なめらかな動作に不安のある子に

「凹凸書字教材」について


作業療法士や支援学校の先生たちが工夫をこらして手作りしていたシートを、
使いやすく安全に商品化

もこもこペンを何度も引いていたプリントは凹凸書字教材シート・ドリル・マス目シートに、
紙やすりを下敷きにしていたシートはボコボコシートになりました。
なぞり書きのガイド線やマス目が盛り上がっているので、
不器用で手指の操作に苦手がある子に「触れた」フィードバックで協調運動の発達を促し、
目からの刺激だけでは弱い子には視覚に加えて触覚の刺激も与えます。
また、段階付けされたシートで子どもがどこにつまづいているのかが判別しやすく、発達段階に合わせて使えます。


読み書き指導について


段階付けされた教材で「できる」を増やしていく練習を
読み書きの取得に苦手さのある子どもは、決して学習を怠けているわけではありません。
一般的な指導方法から学び取ることについて、苦手なところがあるのです。
ですから、一般的な練習を沢山繰り返させても、苦手を克服することはできません。
むしろ、学習が嫌いになってしまうかもしれません。
読み書き指導で目指すのは、文章から意味を読み取ったり、意味のある文章が書けるようになることです。
その目標に向かうステップとしてでなければ、例えば自分の名前を形だけ覚えて書けるようになっても、読み書き習得が進んだとは言えないのです。
本当の意味での読み書き指導には、子どもの苦手を克服するためのしっかりとした計画と手順、そして教材が必要です。

発達が気になる子への
『読み書き指導ことはじめ』(中央法規出版)



意味のある文字を書くためには、読みと書きを連動して学ぶことが大切なので、鴨下賢一先生の著書「読み書き指導ことはじめ」と併せてご使用いただくことをお奨め致します。


発達が気になる子供に対して、コミュニケーションツールとしての実用的な読み書きの会得を目指す指導書。
様々な教材を活用しながら「読み」と「書き」を一体的に、連動して学ぶ方法を提示する。
すぐに使える15種類・130シートの教材が収載されたCD-ROM付き。