発達が気になる子への
『読み書き指導ことはじめ』(中央法規出版)



意味のある文字を書くためには、読みと書きを連動して学ぶことが大切なので、鴨下賢一先生の著書「読み書き指導ことはじめ」と併せてご使用いただくことをお奨め致します。


発達が気になる子供に対して、コミュニケーションツールとしての実用的な読み書きの会得を目指す指導書。
様々な教材を活用しながら「読み」と「書き」を一体的に、連動して学ぶ方法を提示する。
すぐに使える15種類・130シートの教材が収載されたCD-ROM付き。