監修:鴨下賢一(かもした・けんいち)
専門作業療法士(福祉用具・特別支援教育)


《経歴》
作業療法士。専門作業療法士(特別支援教育・福祉用具・摂食嚥下)。
1989年静岡医療福祉センター入職。
2019年3月まで静岡県立こども病院で27年間勤務。
未熟児、発達障がい、肢体不自由児、重症心身障がい児、整形外科疾患などを対象に、急性期からの治療を実践してきた。福祉用具の開発、書籍執筆、特別支援教育支援(学校などでの支援)を数多く取り組んできている。
2019年4月に福岡県福津市に転居し、同市にて株式会社児童発達支援協会を創業。
福津市の子どもたちが他の市に療育を受けに行っている現状を知り、子どもたちやその家族に対して、これまでの経験を生かした発達支援を提供している。

《著作等》
「発達が気になる子の脳と体をそだてる感覚あそび」合同法規出版
「発達が気になる子への読み書き指導ことはじめ」、中央法規出版
「発達が気になる子への生活動作の教え方」、中央法規出版
「学校が楽しくなる!発達が気になる子へのソーシャルスキルの教え方」 中央法規出版
作業療法士が行うIT活用支援(共著) 医歯薬出版
PT・OTのための発達障害ガイド(共著) 金原出版
広汎性発達障害の作業療法(共著) 三輪書店
発達障害領域の作業療法(共著) 中央法規
新生児理学療法(共著)  メディカルプレス
福祉技術ハンドブック(共著) 朝倉書店
障害者IT活用支援ガイドブック(共著) 日本作業療法士協会
リトルベビーハンドブック(小さな赤ちゃんを生んだママのための母子手帳)(共著)ポコアポコ
テクニカルエイド(共著) 三輪書店

《会員等》
日本作業療法士協会  静岡県作業療法士会
日本作業療法士協会制度対策部福祉用具対策委員会委員
日本発達系作業療法学会副会長
日本感覚統合学会会員
ハイリスク児フォローアップ研究会会員
日本LD学会会員
静岡発達SIG代表
日本DCD学会会員

《資格》
専門作業療法士(福祉用具・特別支援教育)
ボバースアプローチ認定セラピスト(NDT)
ブラゼルトン新生児行動評価認定評価者
日本感覚統合学会Cコース終了

発達が気になる子への
『読み書き指導ことはじめ』(中央法規出版)



意味のある文字を書くためには、読みと書きを連動して学ぶことが大切なので、鴨下賢一先生の著書「読み書き指導ことはじめ」と併せてご使用いただくことをお奨め致します。


発達が気になる子供に対して、コミュニケーションツールとしての実用的な読み書きの会得を目指す指導書。
様々な教材を活用しながら「読み」と「書き」を一体的に、連動して学ぶ方法を提示する。
すぐに使える15種類・130シートの教材が収載されたCD-ROM付き。